痩せるホルモン「GLP-1」の働き

痩せるホルモンGLP-1には、どのような働きがあるか、血糖コントロール作用、食欲抑制作用など、痩せるメカニズムを見ていきましょう。

GLP-1は、食欲を抑えてくれる画期的なホルモン!

GLP-1が、痩せるホルモンと言われている理由は、ズバリ、血糖値を下げて、食欲を抑える働きを持っているためです。

GLP-1の働き

引用元HP:浦舟金沢内科クリニック(https://kmc-urafune.com/糖尿病の新薬「glp-1受容体作動薬」食後血糖の変動/)

普段、私たちは食事をする度に、体内の血糖値が上がります。糖質が多い食事を摂れば摂るほどに、血糖値は急上昇しやすく、急上昇した血糖値は同じく急激に下がるため、またすぐに糖分が欲しい状態=食欲の増加という悪循環につながります。

そこで活躍するのが、GLP-1というホルモン。GLP-1は、もともと私たちの体内にあるホルモンで、食べ物が体内に入ると、GLP-1が小腸から分泌されて、インスリンを出すように指令を出します。この呼びかけに応じて、インスリンが分泌されて、血糖値がコントロールできるのです。

血糖値がゆるやかに上昇すれば、下降もゆるやかになるので、その分、エネルギーを長時間蓄えられてて、食欲が抑えられます。まさにGLP-1は、血糖コントロールの要とも言える重要なホルモンなのです。

GLP-1を補うことによる2つの働き

本来は、体内にあるGLP-1ホルモンですが、そもそも日本人は食後にインスリンを分泌させる能力が低く、GLP-1の働きは常に不足している状態に。注射などで毎日一定量を投与することで、これらの働きにも期待ができます。

  • 食欲の抑制…GLP-1が脳の中枢神経系に働きかけて、満腹中枢を刺激。GLP-1が消化と吸収のスピードを遅くすることで、早く満腹感得られて、その満腹感が長持ちしやすくなる。
  • 肥満の防止…血糖値が急上昇するとインスリンが大量に分泌されて、体内の糖質が中性脂肪に変わる。GLP-1を補えば、インスリンが正常に分泌されるため、中性脂肪の増加も防げる。

GLP-1ダイエットなら食べてもOK!

最近、定番の糖質制限ダイエットは、食べ物自体の糖質を減らすことで、血糖値の急上昇を防ぎますが、GLP-1ダイエットなら体内に直接補うだけでOK。食事は普段通りでも、体の内側から血糖値の急上昇が防げるのだから、画期的なダイエット法ですね。海外では、肥満治療薬として認可され、日本では糖尿病の治療にも使われています。

当サイトでは、全国にある美容クリニックや病院などをリサーチ!その中でも、GLP-1ダイエットを専門に扱っている2院を厳選してご紹介します。ぜひ、今度こそダイエットを成功させたいと思っている方は、チェックしてみてくださいね。カウンセリングは無料なので、気軽に医師に相談してみましょう。

           
遠隔診療・返金制度に対応
GLP1ダイエット
専門クリニック
                                                                                                                       
シゲトウ
クリニック
075-574-7360
東京GLP
クリニック
03-6721-9233
GLP1ダイエットの最安料金プラン
GLP1ダイエットの最安料金プラン

2週間コース

49,800(税別)

2か月コース

298,000(税込)

GLP1ダイエットを担当するドクター
GLP1ダイエットを担当するドクター

日本糖尿病学会専門医
である院長

院長or医師

日本糖尿病学会認定糖尿病専門医の有無
日本糖尿病学会認定糖尿病専門医の有無 ×

他のコースもみる
公式HPへ

他のコースもみる
公式HPへ

無料カウンセリング
予約をする

無料カウンセリング
予約をする

※オンライン診療でも医師から来院するよう指示された場合は、来院して対面で受診してください。

※初診料、オンライン予約料500円~がかかります。各クリニック公式HPでご確認ください。

GLP1ダイエットの費用と治療期間
自由診療のため、クリニックごとでコースや料金が異なります。なお、GLP1ダイエットは、3ヵ月~4ヶ月程度継続することが望ましいダイエット方法です。費用の目安は、2週間コースであれば4万円〜5万円程度。3ヶ月コースであれば、30万〜40万円程度です。
副作用・リスクについて
胃のむかつきや吐き気、便秘、頭痛、稀に腸閉塞や低血糖などの副作用がおこる場合があります。