頑張らないから続けられるGLP1ダイエット » 痩せるホルモンとは?種類を調査! » 痩せるホルモンを増やせる!?「食べ物」とは…!?

痩せるホルモンを増やせる!?「食べ物」とは…!?

ここでは、痩せるホルモンを増やせると期待されて言る「食べ物」について調べてまとめています。

痩せホルモンを増やすカギは「小腸」にあり

痩せホルモンの分泌を増やすための、カギは「小腸」にあります。小腸下部のL細胞と呼ばれる細胞にある、GLP-1には、インスリンの分泌を促進させる働きや脂肪分解、脂肪肝の減少を促進させる働きがあると言われています。

そこで、小腸を刺激させやすい栄養素についてリサーチしました!

小腸を刺激させやすい食品

アボガド・サバ缶などの摂取がおすすめ

食事からEPAを含むものや食物繊維を含む食材をとることで、小腸が刺激されると言われています。どちらか、単独でも効果は期待できますが、「EPA」と「食物繊維」2つを組み合わせることでよりその効果に期待できます。

EPAを含む青魚や水溶性食物繊維を含む野菜などをうまく組み合わせて摂取してみましょう。

なお、厚生労働省による摂取基準を調べてみると、DHAとEPAを合わせて、1日あたり、1,000㎎以上摂ることが望ましいとされています。

1日分の必要量の目安

  • 焼き魚…サンマ約1尾、小型のイワシでああれば、約2尾程度
  • 刺身…マグロ(トロ)4~5切れ、ブリ6~7切れ

脂肪細胞からも痩せホルモンは分泌される!?

アディポネクチンには、脂肪を燃焼させる働きがあるとして、注目を浴びています。別名、「超善玉ホルモン」とも呼ばれています。脂肪細胞から分泌されるホルモンで、血中に多く存在。脂肪から分泌されるなら、脂肪が多い人の方が多く分泌されるのでは?と思いがちですが、実は違います。内臓脂肪が多くなるほど、アディポネクチンの分泌量が減ってしまうと言われているのです。

痩せホルモン「アディポネクチン」の促進に効果が期待できる食べ物

おからパウダーや大豆製品の摂取がおすすめ

実際には、アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるため、成分自体を摂取するということは難しいですが、アディポネクチンの分泌を促す効果が期待できる食べ物があります。それが、大豆たんぱくに含まれる「βコングリシニン」。このベータコングリシニンを摂取することによってアディポネクチンが増えるといわれています。

確実に痩せるホルモンを増やしたいなら、GLP1ダイエット注射がおすすめ!こちらの「痩せるホルモン「注射」で直接アプローチ!」のページで詳しく紹介しています。

           
遠隔診療・返金制度に対応
GLP1ダイエット
専門クリニック
                                                                                                                       
シゲトウ
クリニック
075-574-7360
東京GLP
クリニック
03-6721-9233
GLP1ダイエットの最安料金プラン
GLP1ダイエットの最安料金プラン

2週間コース

49,800(税別)

2か月コース

298,000(税込)

GLP1ダイエットを担当するドクター
GLP1ダイエットを担当するドクター

日本糖尿病学会専門医
である院長

院長or医師

日本糖尿病学会認定糖尿病専門医の有無
日本糖尿病学会認定糖尿病専門医の有無 ×

他のコースもみる
公式HPへ

他のコースもみる
公式HPへ

無料カウンセリング
予約をする

無料カウンセリング
予約をする

※オンライン診療でも医師から来院するよう指示された場合は、来院して対面で受診してください。

※初診料、オンライン予約料500円~がかかります。各クリニック公式HPでご確認ください。

GLP1ダイエットの費用と治療期間
自由診療のため、クリニックごとでコースや料金が異なります。なお、GLP1ダイエットは、3ヵ月~4ヶ月程度継続することが望ましいダイエット方法です。費用の目安は、2週間コースであれば4万円〜5万円程度。3ヶ月コースであれば、30万〜40万円程度です。
副作用・リスクについて
胃のむかつきや吐き気、便秘、頭痛、稀に腸閉塞や低血糖などの副作用がおこる場合があります。