痩せるホルモン「GLP-1」を増やす方法

痩せるホルモンを増やす方法はあるのか、痩せホルモンを増やせる食べ物について調べてまとめています。

痩せるホルモンと呼ばれる「GLP-1」。実は誰しもが持っているホルモンで、小腸の粘膜細胞から分泌されます。このGLP-1は胃やすい臓に働きかけたり、糖の吸収を抑えたりするなど様々な身体の場所へ作用しています。ただ、食べ物を摂取したからGLP-1が増えるということはありません。

今日からできる、痩せるホルモンを分泌させるためにしたいこと

1:腸内環境を整える

腸内環境をよくすることが、何より重要!実は、腸内細菌のバランスは、高齢になるほど崩れていきます。悪さをする「悪玉菌」が増えてしまうので、普通に過ごしているだけでも、腸内環境は少しづつ悪化していってしまいます。高齢になると男女問わず便秘で悩む人が増えるのも、この腸の働きが弱まったためです。

さらに、GLP-1以外に、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを抑えてくれる「PYY」というホルモンも小腸粘膜で作られています。こういった痩せホルモンは、腸の状態が良ければたくさん分泌されるので、腸内環境を整えればやせやすくなり、逆に腸内環境が悪化してしまうと太りやすい体質になってしまいます。

2:食物繊維・乳酸菌を積極的にとる

腸内環境を整えるのに、乳酸菌の存在も忘れてはいけません。この材料となる食物繊維やオリゴ糖は積極的にとりましょう。ヨーグルト以外にも、キムチや漬物などにも乳酸菌は多く含まれています。オリゴ糖は玉ねぎやキャベツ、アスパラガスなどに多く含まれています。野菜とキムチと豚肉を炒めた料理を作れば、乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖が一緒にとれて、一石二鳥ですよ。

ちなみに、日本人の食物繊維の平均摂取は、目標に達しないほど低いので意識してとることが重要です。便の量を増やし、腸内環境を活発にし整えていきましょう。

こちらの痩せるホルモンを増やせる!?「食べ物」とは…!?でも詳しく紹介しています。

確実に痩せホルモンを増やしたいなら、「ホルモン注射」

食べ物以外でもっと手軽に痩せホルモンを増やす方法が、「GLP-1注射」になります。注射を使い、皮下に直接取り入れるので、食べ物摂取する方法より、確実に増やすことができるでしょう。

こちらの痩せるホルモン「注射」で直接アプローチ!でも詳しく紹介しています。

また、当サイトでは、GLP-1ダイエットを専門に扱っているクリニック2院をご紹介しています。遠隔診療に対応しているので、ご自宅から気軽に医師に相談できますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

           
遠隔診療・返金制度に対応
GLP1ダイエット
専門クリニック
                                                                                                                       
シゲトウ
クリニック
075-574-7360
東京GLP
クリニック
03-6721-9233
GLP1ダイエットの最安料金プラン
GLP1ダイエットの最安料金プラン

2週間コース

49,800(税別)

2か月コース

298,000(税込)

GLP1ダイエットを担当するドクター
GLP1ダイエットを担当するドクター

日本糖尿病学会専門医
である院長

院長or医師

日本糖尿病学会認定糖尿病専門医の有無
日本糖尿病学会認定糖尿病専門医の有無 ×

他のコースもみる
公式HPへ

他のコースもみる
公式HPへ

無料カウンセリング
予約をする

無料カウンセリング
予約をする

※オンライン診療でも医師から来院するよう指示された場合は、来院して対面で受診してください。

※初診料、オンライン予約料500円~がかかります。各クリニック公式HPでご確認ください。

GLP1ダイエットの費用と治療期間
自由診療のため、クリニックごとでコースや料金が異なります。なお、GLP1ダイエットは、3ヵ月~4ヶ月程度継続することが望ましいダイエット方法です。費用の目安は、2週間コースであれば4万円〜5万円程度。3ヶ月コースであれば、30万〜40万円程度です。
副作用・リスクについて
胃のむかつきや吐き気、便秘、頭痛、稀に腸閉塞や低血糖などの副作用がおこる場合があります。